くろまめマスターのブログ

あなた自身が名医です。自分の体の声を聞いてみましょう。

ほこりはどこからでてくるの?

f:id:kuromamemaster:20210606173552j:plain

ほこり?

 

むすめ「ほこりー、つかまえられないー」

くろまめ「下にも落ちてるでー」

むすめ「飛んでるのをつかまえたいのー」

くろまめ「そっか。がんばれー(そろそろ掃除しよ)」

 

日当たりのより場所で、太陽の光の中にほこりがいっぱい浮いていた、ということはありますよね?

だいたいベッドやタンスの下にはほこりのかたまりが隠れてます。掃除してもほこりがなくなることはありません。

 

そもそも、ほこりはいったいどこからやってくるのでしょうか。

 

ほこりが生まれるのは、ものがばらばらになるからです。

ほこりのほとんどは、大きなものからくずれおちた小さなかけらです。

あらゆるものがぼろぼろにくずれてほこりになっていき、それらが家や鼻の中に入ってくるんです。

 

太陽の光のなかをゆらゆらと漂っているのは、たったいま自分が外から運んできたほこりかもしれません。

道路からはがれて粉々になったコンクリートとか、ゴムの靴底の破片の土埃とか。

地球上のあらゆるものが、次から次へと、使い古されてボロボロになったり、焼却場で燃やされたり、のこぎりで削られたり、風にさらわれたりしているのです。

 

工場では、穴をあけたり、くだいたりした全ての材料からほこりがでます。

工場で働く人たちは、マスクをつけて、金属のかけらや、ガラスの削りくずを吸い込まないようにしなければなりません。

 

植物は枯れて、ちりぢりになって、風でまきちらされます。

人間の死んだ皮膚細胞も、たえずはがれおちています。

実際、私たちが家でいつもせっせとはらっているほこりの多くは、私たちや家族の体からはがれおちたものです。

重さでいうと、家のほこりの70パーセントは死んだ皮膚細胞といわれています。

つまり私たち自身が、ほこり生産工場なんです。

 

ほこりは地球だけではありません。

月もまた、ひどくほこりっぽいところなのです。

月面に降り立った宇宙飛行士は、厚く積もったほこりの中に足をふみいれました。

何世紀もの間にたまった、宇宙から勢いよく飛んできた隕石で砕けた岩のほこりです。

火星では、地球からの探査機が、赤茶けたほこりのなかに着陸して調査しています。

宇宙そのものだって、まったくなにもないように見えますが、ほんとはほこりだらけで、くだけた岩から、爆発した星まで、さまざまな粒子がうようよしているそうです。

 

ほこりは、けっして消えてなくなってしまうことなく、動き回っています。

だから、いまあなたの部屋にあるほこりは、かつては宇宙を飛びまわっていた隕石かもしれないし、あるいははるか昔に絶滅した恐竜の骨かもしれないのです。