くろまめマスターのブログ

あなた自身が名医です。自分の体の声を聞いてみましょう。

初心者脱出!当たり前すぎて(?)誰も教えてくれない、サーフィンを楽しむために絶対必要な話②「サーフィンの始め方」

 

f:id:kuromamemaster:20210701092044p:plain


こんにちは、くろまめマスターと申します。

 

サーフィン編②は、「サーフィンの始め方」です。

サーフィンしたいなー、と思ったらさっそく始めてみてください。

始めることで人生最高の経験が得られる可能性があります。

もし自分にあわないなーっと思っても、最悪でも半日を無駄にすごすだけで済みます。

人生で1回は経験しておいて損はないと思いますよ。

それでは、サーフィンを始める方法を説明していきます。

 

サーフィンスクールに申し込む 

サーフィンを始めるには、「サーフィンスクール」に申し込むことが一番いいと思います。

”サーフィン"、"スクール"、"体験"などで検索すれば、お近くのサーフショップが検索されます。

近くに海やサーフショップがない場合は、ぜひ夏休みの旅行先で(コロナ禍が終わればぜひ)探してみてください。

 

サーフィンスクールに入るメリット

なぜサーフィン体験に申し込むのがいいかと言いますと、サーフィンを始めるにはある程度準備が必要だからです。

サーフボード、ウェットスーツ、リーシュコードetc…

まだ続けるかわからない段階でこれらの出費は大きすぎます。

また初心者向きのサーフポイントやローカルルールなど、わからないまま飛び込んでいくと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

その点、サーフショップで申し込めば、サーフィンに必要なすべての道具はすでに準備されていて、手ぶらでいってもサーフィンできます。

初心者に優しい、安全なサーフポイントへ連れて行ってくれますので、ケガする心配もありません。(二日酔いなど体調が悪いときはケガしやすいので注意してください)

 

サーフィンスクールに参加するときの注意点

サーフィンするための道具はすべてそろっていますが、暑さ対策は自分でする必要があります。

海では紫外線を遮るものがありませんので、日焼け止めや帽子などは必ず持参してください。

 また近くに自動販売機やコンビニがないところもありますので、水分補給のためのドリンクや、間食用のおやつを持っていくようにしてください。

 

サーフィンスクールに参加する前にやっておいて良かったこと

自分の経験としてこれをやっていて良かったと思うことは、前日に少し練習しておいたことです。

練習といっても大したことはしてません。なんせ初めてのことでしたから、何をやっていいかもわかりませんでした。

ただ、サーフボードの上に立ちたいなぁと考えていたので、うつ伏せの状態から立つ練習をしてみました。

  • 右向きか左向きか、横を向く方向を決めておく。
  • うつ伏せに寝た状態から両手をついて腕を伸ばし、ゆっくり横向きに立つ。

これだけでいいです。

サーフィンは横乗りスポーツなので、右足か左足のどちらを前にして横を向くかは決めておく必要があります。ボールを右足で蹴るなら右向き、左足で蹴るなら左向きでいいです。

あとは細かい動きは気にしなくても大丈夫です。サーフィン体験で用意されるサーフボードは超初心者用なので、何とかなります。

生まれたての小鹿のようにヨロヨロしながらでも、2本の足で立つことによって今までにない感覚を味わうことができるはずです。

 

インストラクターが丁寧に教えてくれますが、やはり当日ぶっつけ本番より、前日に少し体を動かしておくだけでも、サーフボードの上に立てる確率は上がると思います。

サーフボードの上に初めて立てた時の達成感は今でも覚えています。

サーフィンを楽しむために、ぜひ前日にこっそり練習してから参加してみてください。

 

まとめ

自分の経験もふまえて、サーフィンを始めるためにサーフィンスクールに入ることをお勧めします。

そしてサーフィンスクールに参加する前には、こっそり練習してから参加してみてください。サーフボードの上に立てる確率が格段に上がるはずです。

波の上に立つという特別な体験をぜひ楽しんでください。