くろまめマスターのブログ

あなた自身が名医です。自分の体の声を聞いてみましょう。

初心者脱出!当たり前すぎて(?)誰も教えてくれない、サーフィンを楽しむために絶対必要な話③「サーフィンを楽しむためには修行の期間が必要」

f:id:kuromamemaster:20210701092429p:plain

 

こんにちは、くろまめマスターと申します。

 

サーフィン編③は、「サーフィンには修行の期間が必要」です。 

 

サーフィンスクールで波乗りの楽しさに目覚めた方は、次のステップとして自分の力でサーフィンする、という段階へ進みます。

サーフィンスクールでは、インストラクターが向かってくる波にタイミングを合わせ、サーフボードを手で押してくれるため、その勢いで波に乗りやすくなります。

しかし自分でサーフィンする場合は手で押してくれる人はいませんので、自力でパドルして波に乗る必要があるのです。

この過程がなかなか大変でうまくいかないため、途中で挫折してしまう方も多いはずです。

自分も長い時間を必要とし、ただサーフィンが苦行に感じるような、楽しくない時期も経験しました。

しかし要点をおさえれば、そんな修行の期間を短く、また苦行ではなく楽しい練習に変えることができると思います。

そのために必要なポイントをまとめましたので、ご紹介いたします。

 

 

なぜサーフィンには修行が必要か?

サーフィンの動きは独特です。

腕で水をかく、横向きに進むといった普段の生活では行われない動きを、海や波の上という非常に不安定な状況で実践する必要があります。

そのため、まずはサーフィンの動きに適応できる体をつくることから始める必要があるのです。

それまでは波に乗れなくても当たり前です。

自力で波を捕まえられるようになるまでは、どうしても修行のような練習期間が必要です。

最初から上手に自転車に乗れる人はいません。

ただ、やみくもに練習しても上達に時間が余計にかかってしまうので、次に紹介する要点を押さえて練習の効率を上げることで、修行の期間を短くしていきましょう。

 

修行期間を短くする方法

パドル筋を鍛える

パドルが安定しないと、波に乗ることは難しいです。

自転車に例えると、まっすぐに自転車が乗れず、ふらふらとした状態で坂道を降りていくようなものです。

まずはふらふらとした状態ではなく、安定してサーフボードを進める必要があります。

そのためにパドル筋が必要になります。

 

パドル筋はその名の通り、パドルすれば筋力がアップします。

まだ始めたばかりの時は、海に入るだけでも楽しいと思います。

パドルしてサーフボードで海を進むということを楽しみながら、パドル筋を鍛えてください。

海上がりにはタンパク質をしっかり摂取し、パドル筋の修復を促すことで、効率よく筋力アップすることができます。

最初は波に乗れないどころか、他のサーファーが波待ちしている場所までもたどり着けないことは普通です。それでも海へ入りさえすれば確実にパドル筋は鍛えられていますので、落ち込む必要はありません。

パドル筋を鍛える目的で海に入ってください。

 

波を観察する

スポーツ観戦のとき、観客席でウェーブが起こることを想像してください。

遠くからみると、まるで波が続いているように見えますが、一人一人は腕を上げたり下げたりしているだけですよね。

海の波も同じ現象で、基本的には海面が上下に動いているだけですので、そこで波の乗ろうと思っても、サーフボードは上に上がって下に下がるだけです。波には乗れません。

ただ1点、波が上下ではなく前方に動く場所があります。それがいわゆる"波が割れる"場所です。

波の割れ方は様々ですが、まずは割れるか割れないか、判断できる目を養う必要があります。

それには毎回自分で波に突っ込んでいくのは効率が悪いので、他のサーファーをじーっと観察し、岸に向かってパドルを始めたサーファーが波に乗れるかどうか予想するといいと思います。

予想が当たれば、自分のイメージと波が割れるタイミングが一致したということになりますので、だんだん的中率が高くなってくれば、判断力がついてきたことになります。

もちろん自分がパドルしてトライすることもOKです。

ただ、自分のところに波が来る機会は少ないので、やはり周りを見渡して他のサーファーたちを来る波ごとに観察し、判断力を養う方が効率がいいと思います。

海から上がって観察するのも勉強ですので、すきま時間で観察してみてください。

 

自分に合ったサーフボードをみつける

自分の場合は、友達の友達が譲ってくれたサーフボードで始めたのですが、これが間違いでした。

先端のとがった、細くて短いサーフボードで、練習しても全然上達しませんでした。

今考えれば当たり前で、初心者用ボードとはかけ離れたものだったのです。

ものすごい時間の無駄だったと今でも感じます(パドル筋をつけるためと思うようにしますが…それでも長い時間を無駄にした気がします)。

サーフボード選びはサーフショップか、または信頼できる上手なサーファーに教えてもらうといいと思います。

新品を買う必要はないです。最近はサーフショップでも中古ボードもありますので、店員さんと相談してみてください。誰かに借りるのもいいと思います。

とはいえ"サーフボード最速"とか"初心者向き"と表示してある短い板もありますので、注意が必要です。初心者ではそれも難しいです。

自分がおすすめのポイントとしては、

  • 先端がとがっていない、丸みを持ったボード
  • 長さは自分の身長以上

これを意識してもらえばいいと思います。

理由はまた別の機会に説明したいと思いますが、この2点を押さえておけば、初心者に優しいサーフボードに出会えると思います。

 

まとめ

自力で波を掴むために必要な準備を説明させていただきました。

最初はみんな初心者です。へたくそでも、だれも気にしません。

上達するまでは、"修行"とも言える練習を重ねる必要がありますが、これらを意識すれば、他の人よりも早くテイクオフを成功させることができると思います。

 

またサーフィン編④~⑥で今回説明した3点を深掘りして説明させていただきますので、こちらも参考にしていただけましたら幸いです。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。