くろまめマスターのブログ

あなた自身が名医です。自分の体の声を聞いてみましょう。

30代男性からの健康相談①

こんにちは、くろまめマスターと申します。

最近とある医師相談サイトに登録しまして、自分の専門分野に関する質問に対してお返事させていただいております。

 

今回は実際いただいた質問と、その返事をご紹介させていただきます。

(個人情報の観点から一部編集させていただいております)

 

いただいた質問の要点は以下の通りです。

  • 30歳代の男性からのご相談
  • 10数年前からお腹の右上辺りに違和感を感じている
  • 肥満(身長170cm、体重90kg)である
  • 食事を食べすぎたり、お酒を飲みすぎたりすると翌日に違和感が痛みに変わる
  • 何度か病院を受診したが、血液検査・エコー検査などを行っても異常なしと言われている
  • 病名や治療法を教えてほしい

 

いかがでしょうか。

まず質問を読んで感じたこととしては、自分の状態をきちんと把握できている人だという印象を受けました。

自分の感じている症状がどういったもので、いつから続いていて、どうした時にひどくなるか、ということは非常に大事な要素です。

それを聞き出すのが医者の役割ですが、質問者さんはこちらから聞き出さずとも、自分で最初から理解されております。

 

そして次に、病名とそれに見合った治療薬を見つけて欲しいと感じている様子が見受けられました。

確かに体の不調が10年以上続けば、「不治の病ではないか」と心配になるのも無理はありません。

早く苦しみから解放されたくて相談されたと思います。

 

このような私が感じたイメージもふまえて、次のようにお返事させていただきました。

 

体の不調が続くと不安になりますよね。

特に今は誰もがコロナ禍でのストレスを抱えながら生活しており、不安はより一層強くなると思います。

 

質問を拝見すると、○○さんは不調の原因に自分で気づいている印象を受けますが、いかがでしょうか。

 

体の不調はご自身の体が発している警告です。

食べすぎや飲みすぎ、体重が増えることでひどくなるのであれば、体がそれらを止めるようにサインを送っていることかと考えます。

 

10数年前から続く症状であれば、直ちに治療が必要となる悪性の病気である可能性は低いと感じます。

ご自身の生活習慣を今一度見直してみて、まずは体重を増やさないよう意識してみてはいかがでしょうか。

病院の受診はそれからでも遅くないと思いますよ。

 

 

なんだか説教臭くなってしまったのですが、以上のようにお返事させていただきました。

 

そして後日質問者さんから、悪性の可能性は低いと聞いて安心した、なんとなく不調の原因は自分でも感じている、受診をしても原因がはっきりしないことが不安だが、一度生活習慣を見直したうえで減量に励んでみる、という返事をいただきました。

 

まずは少しでも安心いただけた様子であったので、良かったです。

そして何より、病名や治療薬ではなく、生活習慣を見直すことに意識が向いてくれたのであればうれしいことです。

 

ただ、医師相談サイトでは文字数などの関係もあり、伝えたいことの一部しか伝えられません。

次のブログ記事では、この質問に対して伝えたいことをより詳しくお話していきたいと思います。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。